2009年01月20日

ジョハリの窓

こんばんは。

本日も、お仕事お疲れ様でしたビル

今日はちょっと、心理学のお話。

皆さん、ジョハリの窓ってご存知でしょうか?

アメリカのJosepLuftとHarryInghamという心理学者が共同でつくった

もので、ふたりの名前をとってThe Johari Window (ジョハリの窓)

と呼ばれているそうです。

対人関係における自己理解について、以下の4つの窓の視点を提示し、

自己理解がどのようになされるのかを分かりやすく説明したもので、

研修や能力開発の場面で使用されることが多い。


【明るい窓】自分自身も、他人も知っている窓。オープンな窓。

【盲目の窓】他人は知っているけど、自分は気づいていない窓

【隠された窓】他人には見せていない窓。当然、他人は気づいてい       
ません。

【未知の窓】 自分自身も他人も気付いていない窓。


明るい窓の状態では、お互いリラックスして対話をし、

隠された窓の状態では、お互いに緊張感を持って対話を

するため、疲労感を感じるかもしれません。

コミュニケーションを図る場では、盲目の窓で相手の気分を損なわぬ

ように心がける必要があるでしょうし、部下に隠された窓を持たせぬ

よう、上司が気を配る必要があるでしょう。

そして、最終的には、よい形で、コミュニケーションを図るうちに、

未知の窓に気づかされる事になるのでしょうわーい(嬉しい顔)

仕事の後に、アクセスして読んで頂きまして、

ありがとうございます。



posted by 3S2Kの泉 at 18:08| 🌁| Comment(6) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
私が、就職支援セミナーで心がけているのは、
盲目の窓を開けて自分のよさに気づいていただくことです。
そうなると、セミナー室全体が温かい空気に包まれます。
Posted by tomato at 2009年01月21日 09:05
患者さんが“隠された窓”を開いてくれたときが、信頼されてきたなあと実感する嬉しい瞬間ですね。
あれっ、使い方あってます??
Posted by RICARDO at 2009年01月21日 09:31
数十年前、社内教育で実施したことを思いだしました。
石転は特に「未知の窓」に興味があります。
ありがとうございました。
Posted by みなかた石転 at 2009年01月21日 11:39
自分が窓を開いた時、しっかり受け止めてくれると嬉しいですもんね。
その気持ちと思いやりをもって接します。
ありがとうございます。
Posted by つみきマン at 2009年01月21日 12:21
tomatoさん

盲目の窓に、こちらが気づいてあげるのが
大事ですね。
ありがとうございます。

RICARDOさん

信頼されて、隠された窓を見せてくれた
時は、本当にうれしいものですね。
伝わる人には伝わるものですからね^^
今日もありがとうございます。

みなかた石転さん

既に実践済でしたか^^;
未知の窓。これが開かれた時の
喜びは、また一段と大きいのでしょうね。
ありがとうございます。

つみきマンさん

確かに、せっかく開いた窓でも、
受け止めてもらえなければ、次は
ないでしょから、聞く側の姿勢も
大事ですね。
ありがとうございます。
Posted by 3S2Kの泉 at 2009年01月21日 13:36
本文関係なぃですが。。。
2月15日(日)core222サン達と、MRM会議します!!
参加しませんか??
詳しくはぁたしとcoreサンのブログを見てみてくださぃ〜♪

Posted by shinolabo at 2009年01月22日 08:11
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。