2008年11月27日

お金を残すために

本日は、今月申告の会社へお邪魔して

サインを頂きに行ってきます。

不思議なもので、事業主は決算書の利益がいくらに

なるかより、会社の税金がいくらになるかに

関心を寄せる傾向があります。

そのため、月次決算で報告する時に、当期に

おいて利益が出そうになる事を告げると、

やたらと決算間際に、いろんなモノを購入

して利益を圧縮しようとする。

必要なものを購入するならまだしも、不必要な

支出をするケースも中には見られる。

しかし、私たちから言えば、利益を出して、

税金を支払わないと、会社にお金は残らない

という事が経験上わかっています。

税金の仕組みとはおもしろいもので、そういう

風になるように出来ているのです。

そうであるなら、小手先の支払いは、事業活動の

キャッシュフローを圧迫し、資金繰りにも影響を

及ぼすので、しっかり稼いでしっかり税金を支払い

、しっかり稼ぐ経営を心がけるべきだと思います。

ただし、注意すべき事は、何の対策も立てずに

経営するのではなく、脱税ならぬ節税を心がけ

効果的にお金を蓄え、更なる事業の発展に支出

されるようにして行くという事です。

私自身も、無駄な支出を避け、きちんと税金を

納め、更なる事業展開にお金を投じて行きたい

と思います。

さて、今月もあとわずか。

そろそろインフルエンザの予防接種の時期でもあります。

皆様、お身体にお気をつけください。

今日も来てくださいまして、ありがとうございます。
posted by 3S2Kの泉 at 08:37| 🌁| Comment(6) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
税金は「払う」のではなく「納める」と認識するといいでしょうね。
Posted by more at 2008年11月27日 08:58
moreさん

確かに「払う」と考えると損した気分
になりますが、「納める」だと
ちょっと違った感覚になりますね。
今度から、「納める」というコトバ
で話して行くよう、意識してみます
(^^)。
ありがとうございます。
Posted by 3S2Kの泉 at 2008年11月27日 09:31
今までは、税金を納めている感覚があまりありませんでした。
これからはその感覚も変わっていくんでしょうね。
まずは、その前に利益を出すことからですが・・・
Posted by RICARDO at 2008年11月27日 09:34
RICARDOさん

今までは、天引きだったから、
あまり気にならなかったです
よね(^^)
今度からは、しっかり納める気分で
頑張って行きましょうね(^^)/
ありがとうございます。
Posted by 3S2Kの泉 at 2008年11月27日 09:51
「納める」という気持ちでいると、「節税」という概念自体がちょっと変に思えてきますね。不思議です。
Posted by y22 at 2008年11月28日 09:41
y22さん

ただ納めるだけでなく、納めるべき
金額を納めると考えれば、節税も
意味があるような気がしますよね(^^)
Posted by 3S2Kの泉 at 2008年11月28日 19:52
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。