2009年01月22日

株式の申告にご注意を

今日は、株式の譲渡所得についてちょっと調べていました。

先日、税理士会の支部集会に出席した際に、税務署の職員の

方がちょっと気になる事を。

株式の取引をしていない方には、あまり参考にならないかも

しれませんが(私もしていないのですが)、特定口座を利用して

上場株式の取引をしている方は、基本的に確定申告をする

必要はありません。

ただし、株式で損をした人が、その損失を来年以降の株式の

所得から差し引きしようとする場合や、二か所以上の証券会社で

特定口座を設けて株式の取引をして、一ケ所では利益、

もう一ケ所では損失がでている場合には、確定申告する方が

有利になる場合がある。

ただし、ここに落とし穴が。

特定口座を利用して確定申告をしなかった場合は、源泉分離課税

という方法により、納税関係は完結し、その株で儲けた所得は

国民健康保険税の計算対象からは除外されるため、その分国民健康保

険を計算する上では、その所得は課税標準を構成しない。

ところが、確定申告をした場合には、この所得は国民健康保険税の

課税標準を構成する事となるため、申告する事により損をする

事が生じるのである。

特定口座で納税関係を完結させれば、このようなメリットがある

のは、どうやら株の取引を普及させるためだったらしい。

基本的に、私達は、所得税の計算を考えて有利計算をするのですが、

このように国民健康保険税にまで絡んで有利選択するとなると

かなり複雑になってくる。

ましてや、その所得を生じた事によって、奥さんが所得税を計算

する上でも、扶養から外れてしまう可能性まで生じてくる。

社会保険の関係は、税理士の範疇ではないのですが、知った以上

は今後は、これらの事も考慮に入れて、申告書の提出を薦める

必要がありそうです。

今日は子供が熱を出したらしく、妻も体調不良らしいため

早めに帰宅しようと思います。

明日は、一宮に出張後、名古屋にある顧問先を訪問する予定です。

来月申告のため、明日は申告業務の打ち合わせです。

今日も最後まで読んで頂き、ありがとうございます。

posted by 3S2Kの泉 at 18:15| 🌁| Comment(4) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。